生活に潜むトランス脂肪酸の摂り過ぎに注意!

生活に潜むトランス脂肪酸の摂り過ぎに注意!

 

トランス脂肪酸とは?

 

 

脂肪酸はざっくり分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二種類ですが、

 

トランス脂肪酸というのを聞いたことがあるかもしれません。

 

 

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の中の種類になります。

 

不飽和脂肪酸は、炭素が水素とくっついていない「空きスペース」がある

 

炭素を持つ脂肪酸です。

 

その「空きスペース」がある炭素が一個のものを一価不飽和脂肪酸と呼び、

 

二個以上のものを多価不飽和脂肪酸と呼びます。

 

 

水素が炭素の二重結合をはさんで、それぞれ反対側についている

 

不飽和脂肪酸をトランス脂肪酸と言います。

 

ちなみに、二重結合をはさんで、同じ側についている

 

不飽和脂肪酸は、シス型と言います。

 

 

 

つまり、トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の中の、一価不法脂肪酸と

 

多価不飽和脂肪酸の両方に含まれることになるのです。

 

 

 

近年健康上問題になっているのは、人工的に作られた

 

トランス脂肪酸です。

 

 

これに対して自然のトランス脂肪酸があります。

 

動物の肉や乳に入っていますが、自然のものに対しては

 

それほど体に害のあるものだとはされていません。

 

 

また、自然の不飽和脂肪酸の多くはシス型ですので、

 

ごく微量のトランス脂肪酸はそんなに体に影響はなく

 

話題の中心にはあまりなりません。

 

 

では人工的に生成されたトランス脂肪酸とは、なんなのか?

 

植物性の油から、「水素添加」という化学反応を加えて

 

大量に作られています。

 

 

 

なぜこのような加工を加えてトランス脂肪酸を含む油を

 

作っているかと言うと、安くて日持ちがするからです。

 

 

 

水素添加してつくられるマーガリンや、ショートニングには

 

トランス脂肪酸が多く含まれて、トランス脂肪酸の代名詞ともなっています。

 

 

その他ファストフードのフライや甘い菓子パン・ケーキ、アイスクリーム、

 

例を出したらキリがないんですが、安くて日持ちするので

 

多くの食品で利用されています。

 

 

 

さらにスーパーで売っている、植物性のサラダ油などは

 

そのほとんどが生成の過程で高温で加工して作られますが、

 

その際にトランス脂肪酸が含まれています。

 

 

 

トランス脂肪酸の危険性

 

 

市販されている安い植物性のサラダ油の多くは、

 

植物油から精製する過程で高温で加工します。

 

 

とても酸化しやすい不飽和脂肪酸ですので、製品として店に並んだばかりの

 

サラダ油もすでに酸化しているものです。

 

 

酸化した脂肪酸は細胞の機能不全を引き起こし、老化や病気のリスクを伴います。

 

 

 

 

 

さらに、トランス脂肪酸の過剰摂取は、悪玉コレステロールを増やし、

 

善玉コレステロールを減らすし、心筋梗塞や冠動脈疾患のリスクを

 

増やすとされています。

 

 

また、肥満やアレルギー疾患の原因ともされていて、

 

諸外国では日本よりも先に注目されてきました。

 

 

 

欧米ではトランス脂肪酸が危険視されてから、規制がされています。

 

アメリカではトランス脂肪酸の含有量が義務付けされていて、2018年には

 

食品のトランス脂肪酸の前面撤廃を目指すだとか。

 

 

その他各国も表示の義務付けをしていて、含有量の上限は

 

国によってバラつきがあるようです。

 

 

 

 

日本はというと、食品への使用の規制はおろか、

 

表示の義務付けすらありません。

 

 

厚生労働省も危険性は認識しつつも法的な措置は

 

取られていない状況です。

 

 

その理由として述べられているのが、

 

日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量が欧米諸国に比べて

 

少ないからだと言われています。

 

 

 

 

WHOではトランス脂肪酸の平均摂取量を、最大でも総エネルギーの1%未満と

 

勧告して、摂取の抑制を呼びかけています。

 

 

 

 

大多数の日本人は総エネルギーの1%未満にトランス脂肪酸を抑えている

 

というデータがありますが、一方でファストフードやスナック菓子、甘いお菓子などの

 

食品に偏った食生活をしている人たちの中には、総エネルギーの10%を

 

超えてトランス脂肪酸を摂取してる人も確認されていて、予断を許しません。